HOME > 3Mix療法
 
当院では3Mix法を利用した治療を行っています。

3Mix療法とは?

できるだけ歯を削らないで済む画期的な内科治療です。

虫歯菌に冒されて溶けてしまった部分だけを取り除き、あとは抗生剤や抗菌剤の3種類の薬剤を混ぜ合わせ、虫歯の病巣にある多種類の細菌を殺菌する治療法です。

虫歯の穴に薬を入れてしっかり蓋をするだけ。その後、薬が浸透して歯の奥にまで広がった虫歯菌をやっつけます。

あとは経過を見ながら何度か薬を入れかえ穴を埋めて治療は終了です。

このように、じっくりと薬を浸透させるので、歯の奥まで虫歯菌が入り込んでしまったせいで歯の神経を抜かなければ治らなかった人に効果的です。

生きている組織をできるだけ残し、歯の神経を抜かずに残せる可能性が大変高くなります。

神経を取ってしまったら歯はもろくなり、割れたり、折れたりしやすくなります。

「削るのが怖い」というお子さんの治療にも良いでしょう。
 



虫歯が象牙質まで進行すると、冷たいものなどの刺激が歯髄(神経)まで届き削る治療だと痛い。


そこで、歯髄に近い部分は削らず、痛みの感じないう蝕(虫歯)の象牙質だけを除去する。


痛みの感じる部分の虫歯は削らず、その上から3Mixを詰めることによって残っている細菌を殺菌する。

その後金属などの詰め物をして咬み合わせを回復する。
 

3Mix法の特徴

  • 歯がぐらぐらで抜けそうでない限り、3Mix法の治療ができます。
  • 3Mix法の適応に、年齢、体調は関係ありません。
  • 麻酔注射は必要ありません。
  • 3Mix法に使用する薬剤にアレルギーがないか確かめて、薬を使います。
  • 3Mix法の薬は、1回の治療で無菌化を実現します。
  • 歯冠修復(充填物、冠)は接着技術を用います。


3Mix法のメリット

  • 歯を削る量が少なくてすむ。
  • 歯の神経を残せる可能性が増える。
  • 副作用は現時点で報告されていない。
  • 歯を削る量が少ないので、痛みが出る可能性が低くなる。
    (雑誌などで「痛くない虫歯の治療法」などと紹介されていることもありますが、痛みがまったく無い訳ではありません)


治療に必要な期間

一人ひとり、症状によって異なりますが、3ヶ月から半年程度。薬を詰めて終了、というわけではなく、途中経過を見ることになります。

月に1度程度通ってレントゲンを撮り、必要に応じて薬を詰め直すなどの治療が必要になります。

使用する抗生物質

  • アスゾール
  • ミノマイシン
  • シプロキサン
  • マクロゴール軟膏
  • プロピレングリコール(浸透をスムーズにするお薬です)


3Mix法の注意点

削って治療する方法に比べると、長い時間が掛かります。

薬を詰めて蓋をして無菌状態にしなければならないのですが、密封するのはなかなか困難です。

お薬のアレルギーがある方には、もちろん用いることができません。



歯の状態も仕事などの生活環境も、一人ひとり全く違います。

忙しい方なら、時間が掛からない削る治療の方が良い場合もあります。

また、時間がかかっても神経を抜かない治療が良いという方もいるでしょう。

よく相談して、最善の治療法を決めていきましょう。

★ご希望の方は受付又は担当医までお申し出ください。

 





医療法人 岸田会
埼玉県鶴ヶ島市五味ヶ谷232-1
TEL:049-286-2077
岸田歯科医院(本院)
埼玉県鶴ヶ島市五味ヶ谷232-1
TEL:049-286-2077
岸田歯科わかば診療所

TEL:049-286-2077
きしだ歯科クリニック
埼玉県狭山市柏原2341-8
TEL:04-2952-6800
きしだ歯科一本松南医院
埼玉県鶴ヶ島市新町2-23-19
TEL:049-272-3377


 

Copyright 2007 © 医療法人 岸田会 All rights reserved. | プライバシーポリシー